「亀は宇宙のビシュヌの化身です。宇宙が壊れそうになったとき、この世界を支えると言われています」

画像

海底で異変が起きているー人間の世界とはいったいなんだ!

ー世界的な画家で絵本作家でもあるA.ラマチャンドランが、2007年に来日した時、絵本について次のように話した。「私が幼いころ、インドには子どもの絵本がありませんでした。子ども向けの本はあっても、絵本はなかったのです。私は祖母からたくさんの昔話を聞く機会がありました。それにお祭りや宗教的な伝統行事といった視覚文化に接することもできました。今、ニューデリーなどの都会では、それは不可能に近いのです。そして何千年も伝承されてきた伝統文化が次々と消えていっているのです。そのため絵本という視覚芸術によって、子どもたちにインド文化を体験をさせてあげようと思いました。」

「私が、ヴィシュヴァバラティ(タゴール国際大学)の学生だった頃、日本画家の秋野不矩(ふく)さんが、先生としておいでになり、日本の絵本に接する機会を得ました。一流の画家たちがその才能を子どもの本の分野でも発揮していることを知りました。秋野先生が絵本を描くようにすすめてくれました。」

ーあなたは「大亀ガウディの海」という絵本を描いていますね。その中で「亀」の存在を、自然環境との共存のしかたの中ですばらしい視覚表現をされていますが・・・・

「インド人にとって、亀の存在はとても重要な生き物です。聖なる存在とも言えるものです。インドの三大神のひとつに「ビシュヌ」という神様がいますが、「ビシュヌ」は、宇宙が壊れそうになったときに、亀の形になって、宇宙を下から支えたという神話があるのです。ですから、「大亀ガウディの海」の絵本は、特別の思いで描いたものです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E4%BA%80%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%81%AE%E6%B5%B7-%E7%94%B0%E5%B3%B6-%E4%BC%B8%E4%BA%8C/dp/499025810X

「作者の田島伸二さんは、同じ考えを有している友人で、彼の原稿を読んだ時、彼が何を伝えたいか、すぐにわかりました。これは他人が書いたお話に絵をつけた唯一の作品です。そして「核時代」という絵は、インドが初めて核実験を行った時に、大きな衝撃を受けて、一気に描いた作品です。ヒロシマやナガサキのこともよく知っていたので、インドの核実験には本当に心を痛めて、憤りました。画家や芸術家のだれもが平和を強く求めています。そのために何ができるかを考える使命があると考えています。」


画像


インドが最初の核実験を行ったとき、ラマチャンドランは「核時代」という作品を発表した




画像


「10にんのきこり」(講談社)は、環境の絵本の中で最も話題になった絵本です。




画像


世界中で翻訳出版された大亀ガウディの海(一部)


画像
Gaudi's Ocean by A. Ramachandran










                                

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック